関西→香川への最安ルート、夜行便を使えば東京行くにも便利です!~ジャンボフェリー~

香川県へ移住された方からのご紹介。

「地元の人、案外気に留めてないかもしれないんですけど、ジャンボフェリーってすごいと思います」

あのCMでおなじみのフェリーですよね?

何がすごいのか?
「まず、めっちゃ安い!神戸から高松まで、1人2000円かからないでしょ。お風呂もあるし、景色もいいし、ゆったり移動できる。港からシャトルバスもあるので、中心部へも行きやすいのがいいです!私実家に帰るときは、いつもこれで帰るんです」

橋ができて、めっきりフェリーに乗ることはなくなりましたが、京阪神⇒高松を結ぶ唯一の航路として残っているジャンボフェリー。

乗ってみることにしました。

深夜0時半。

高松市の朝日町にある、ジャンボフェリー乗り場。
マイカーの駐車場は無料です。

待合所には、夜行便に乗るためにぞろぞろ人が集まってきます。

乗船アナウンスが流れ、船内へ。

神戸港までは約4時間。
のんびりとした船旅です。

売店は大人気。

オリーブの実の入ったうどん、かわいさから大人気とのことです!

京阪神に行くのによく利用する明石海峡大橋も、船の下から見ると違った雰囲気です。

船内には個室もあり、2000円払えば使用できます。

そして朝5時過ぎに神戸港着。

ここからシャトルバスで三宮駅⇒地下鉄に乗り継げば、山陽新幹線 新神戸駅発の始発ののぞみに間に合います!

朝の三宮駅。人が少なく、スイスイと移動できます。

東京駅に、朝9時前には到着です!

0時頃まで高松市内で用事があっても、このルートを使えば、朝9時前には着くことができます!

隠れたおススメコース、繁忙期でなければ、予約も必要ありません。

意外と便利で、ゆっくりした時間を使えるジャンボフェリーの船旅でした!

共通点は「蒸し風呂」と「うどん」、そして神社。白鳥温泉 vs 白鳥温泉

2018年10月、(公社)日本青年会議所の全国大会が宮崎県で開催されました!

香川県から車で約9時間。夜明け前にやっと宮崎県へ。
県境を超えてすぐの「えびの市」。

たまたま、「白鳥温泉」という名前を発見。

「あれ、こんなところに白鳥温泉が!」

実は香川県の東かがわ市の山奥にも、「白鳥温泉」があります!

時間があったので行ってみることにしました!

高原をひたすら上ること約20分。

白鳥温泉を発見。
どうも、「上湯」と「下湯」の2つに分かれているようです。

まず下湯のほうへ。

緑に囲まれた、いい雰囲気。

「あら、香川県からー?じゃあ、上湯にも行ったらいいよ!」

と管理人さんに勧められ、上湯にも行ってきました!

この日は曇っていて見にくかったですが、素晴らしい景色。

露天風呂もあります。

「景色もいいけどね、うちのおすすめはこれですよ!」

ということで、上湯さんのおススメは「地獄蒸し風呂」

明治時代、西郷隆盛も来たという名所です。

そして食堂。

「おすすめはねー、うどんですね。宮崎って、けっこううどん屋さん多いのよ。」

確かに車で走っていると、うどん屋さんをよく見かけました。

山菜うどん、ダシとうどんがちょうどよく合って、おいしかったです!

さて、この温泉のすぐそばには、「白鳥神社」があります。

香川県の白鳥温泉の近くにも、県内の初詣スポットとして有名な、白鳥神社があります!

由緒書きを見ると、どうもよく似てる・・・

えらく共通点が多いです。

ということで、香川県に帰った後、香川県の「白鳥温泉」へ。

管理人さん「ああ、よく間違えて電話かかってくるんですよー。最初よく分からんけど話してたら、九州の白鳥温泉?うち四国のですよ。とかいう話がよくあります(笑)」

写真、チラシを見せると、「同じなのは名前だけではなかったのか・・・笑」とびっくり。

「うちのおススメは、美肌の湯と蒸し風呂なんやけどな・・・。向こうは地獄蒸し風呂か、ほんならうちは天国蒸し風呂やな。笑」

と、楽し気に話していました。

ここの食堂でも、うどんが楽しめます!

秋になれば、「しっぽくうどん」です。

また、ここ白鳥温泉のおススメは、「焼肉定食」

これで1000円、安いです!

管理人さん「いやあ、あんたええとこ行ってきたなあ、向こうの白鳥温泉さんにも、また連絡しておきます!」

同じ名前どうし、ともに山里ののんびりした温泉です。

※ ちなみにですが、宮崎の白鳥温泉は「しとりおんせん」、香川の白鳥温泉は、「しとりおんせん」と読みます。