多度津町に住もう!~「タウンプロモーション」実施中です!~

多度津(たどつ)町。

町役場には、官民合同プロジェクト「まねきねこ課」が設立され、県外からの移住促進や、街の活性化に新しい発想で取り組まれています。

役場の方:
「多度津、認知度はまだまだ低いんですよ。名前も近くに宇多津町とか、よく似た名前の町もあるでしょ。どっちがどっちなんですかってよく聞かれますね。
ただ、最近、まねきねこ課を設立してから、県外から移住者の方が来るようになりまして。いや、もうびっくりしてるんです。1人の移住者の方が街でカフェを始めたり、新しい取り組みをし始めるとね、これまで諦めていた地元の人たちも積極的になり始めて。1人の方が移住してきて、街で新しいことに取り組んでくれると、こんなに変化があるのだなって。設立したときには予想もしてなかった変化が町に起きてきます。」

そんなに変化があるのでしょうか?

移住者の方々がホットな取り組みをしている、多度津町。

まねきねこ課 たどりつく多度津

このサイトをご覧いただくと、そのさまざまな情報が載っています。

ぜひご覧ください!

インスタで話題!父母が浜はいまどうなってるの?

「みとよエリアだったら、最近ここが話題よねー。」

と、懇親会の席で、みとよ青年会議所の大平さんから教えて頂いた、香川県西部、三豊市仁尾町にある、父母が浜(ちちぶがはま)。

よくテレビに出てきたり、地元の銀行のポスターで張り出されていたり、えらく人気スポットになっています!

高松から車で1時間、土曜の夕方に行ってみました!

駐車場は車でいっぱい、ほとんどが県外ナンバーです。

「つい最近までは、こんなに人おらんかったなあ、どこにでもありそうな海水浴場やと思っとったけど、インスタグラムやいろいろで知られてから、こんなにようけ(たくさん)人が来るようになって」(地元のおばあさんの話)

最近は海の家も、夏以外にも開けるようになり、大勢の皆さんでにぎわっています!

「インスタ映えで有名になってから、いろんな方が来るようになって、地元の特産品も、幅広い人に売れるようになりましたよ!」(海の家の方)

ここの海の家では、東京や大阪方面から三豊市に移住した方も働いています。

「いい働き先がありました。景色はいいし、のんびりしてるし。私、この町の出身じゃないですけど、観光客の人に町のこと聞かれる仕事でしょ。働いているうちにまちのことをいろいろ知ったり、学んだり、まちの人と出会う機会もできて、働きながらまちに馴染んでいけてます!」

取材班、さすがにプロのカメラマンほどの力量はありませんが、父母が浜の写真を撮ってきました。

いい写真は、三豊市にも掲載されていますので、ぜひご覧ください!

三豊市観光交流局HP