私がおすすめします!高松市兵庫町商店街 「寿司 藤川」さん

日本一長いアーケードを誇る、高松市の商店街。

その北側、兵庫町商店街の西側にある、「寿司 藤川」さん。

「このお店、めっちゃいいんです。ぜひご紹介しますよ。」

ということで、高松青年会議所メンバーの坪井さんのご紹介で行ってまいりました!

確かにおいしい!

ご亭主にお話しを聞きました。
「私はここの生まれではないんです。福岡の筑豊の生まれでね。若いころ大阪で働いて、そのときに嫁さんと知り合って、その縁で高松に店を出すことになったんです。」

実は坪井さんも福岡の出身。
「仕事の縁があって高松に来ました。住んでみると、お世辞抜きにとても住みやすいですね。」

お二人とも、縁あって香川県に越して来られて、香川県での生活を楽しんおられます。

ご亭主「魚はいいですよね。瀬戸内海のいい魚が安く手に入ります。それで、街の大きさがちょうどいいですよ。人の縁やつながりで、お客さんにはお世話になってます。」

ここ藤川さんのおススメは、ばら寿司。

そして、ひなまつりシーズンに販売する「蛤(はまぐり)寿司」です!

ご亭主「これ、ひなまつりのシーズンにはものすごく売れるんです。うちの看板商品です。」

ぜひご賞味下さい!

最後に、ご亭主に香川県のおススメスポットを伺いました。
「私ね、遠くから見知らぬ土地に来たもんでしょ。駅なんかを見るとね、いろいろ思い返すもんがあるんですよ。駅だったらね、東かがわ市の引田駅。ここはいいですね。昔ながらの雰囲気が残っていて、駅員さんや、地元の人の集まる喫茶店があったりね。旅情がありますよ。こういう風景、いいと思いますね。」

地元にずっと住んでいたら、何気ない場所ですが、こう言って頂くと、たしかに雰囲気ありますね。

いろいろ学びになる取材でした!

生、鍋、そして雑炊、いろんな鳥料理が味わえる、高松市「とりころろ」

「永峰さん、ここぜひ紹介して下さい!めっちゃうまいんですよ~。」

と、地元のメンバーさんに紹介してもらった、高松市の歓楽街、古馬場(ふるばば)にある、「とりころろ」さん。

最近オープンしたばかり。

ということで、青年会議所メンバーで行ってみることに。

あら、刺身みたいな感じで鳥がでてきました。

「直送で名古屋コーチンを仕入れています!新鮮なんで、まずは生で食べてみて下さい!」

コリコリでとてもおいしいです!

その後、鍋に入れて食べ、最後は雑炊に。

鍋は、名古屋コーチンの卵が入ったタレに付けて食べます。

「卵、すごい弾力。これ半分茹でてるんですか?」

「いやいや、生ですよ!コーチンの卵はこんな感じです!」

へー、すごい!

高松で味わえる本場名古屋の味。

青年会議所メンバーおすすめです!

詳しくはこちらからどうぞ!

とりころろ 高松店

開業40年。高松の焼き鳥の名店といえば、「吾妻や(あずまや)」。

青年会議所メンバーがすすめる、おすすめスポット。

高松の夜の町といえば、アーケード街から横に入ったところにある、古馬場、トキワ新町、そしてライオン通り界隈。

居酒屋、バー、スナックなどが集まる、香川県最大の夜のまちです!

そのなかで、約40年にわたり続く焼き鳥の名店が、「吾妻や」さん。

アーケードのある南新町商店街から、ちょっと東へ入ったところにあります。

「ニュートキワって知らんわなあ、昔このへんに大きいキャバレーがあって、この店はそこで始めたんが最初。そのあとこの場所に移ってきたんや。有名な人もようけ(たくさん)来たことあるんや。」

この界隈の移り変わりを見つめて40年。今もお客さんが絶えることなくやってきます!

「秘伝のたれ」も、40年間続くこのお店の宝です。

料金もお手頃、おいしい焼き鳥、そして釜めしで、会話も弾みます!

詳しい場所等は、こちらをご覧ください!

生卵入りナポリタンが最高!小豆島・大部港フェリー乗り場前にある「サンワ」さん

こんにちは!

青年会議所メンバーによる、香川県のオススメスポット。

ある日、小豆島青年会議所メンバーの照下さんがフェイスブックページに、「ここのナポリタンは本当においしい!」と投稿がありました。

ナポリタンに生卵を入れる、昔ながらのお店なのだとか。

本当においしいのでしょうか?

他の小豆島のメンバーの方々に聞いてみると、みんなそろえて、「マジでおいしいですよ!」と答えます。

ということで、委員長の永峰と、小豆島在住の委員会メンバー、石井さんが取材へ。

高松から高速艇で30分。土庄港から車で20分ほど。

小豆島の北側、「大部(おおべ)」に、このお店はありました!

場所は岡山県、日生(ひなせ)港まで行くフェリー乗り場の前。

お店はフェリーの券売所よりも、フェリー乗り場の近くにあります。

お店のある2階に上がると、瀬戸内海と、対岸の岡山・兵庫県が見渡せます!

永峰:「じゃあナポリタンで。」

石井:「大盛りがオススメですよ。」

永峰:「そうなんですか、じゃあ大盛りで。」

石井:「じゃ、僕はアイスコーヒーで(笑)」

えっ、石井さん食べないんですか?

本当においしいのか、ますます怪しくなってきました。

出てきました、ナポリタン(大盛り)。

あれ、生卵がありませんよ。

石井:「中に入ってるんですよ。」

ちょっと中を探ると、生卵が出てきました!

食べてみると、本当においしい!

生卵が程よくからんで、絶品です!

小豆島の皆様、大変失礼を致しました!

この「サンワ」さん。開業して約40年。

大部港を行きかう人や、地元の人たちの憩いの場となってきました。

小豆島に渡るルートと言えば、本州からだと姫路、もしくは神戸からのジャンボフェリーがよく知られていますが、この日生~大部ルートも実は意外と便利。

お店には、JRとの連絡時刻表が。

大阪⇒姫路⇒播州赤穂⇒日生駅までJR、そしてフェリーで大部へ。大部からは土庄行きの路線バスが連絡しています!

日生でのフェリーへの乗り換えは、駅がフェリー乗り場の目の前にあり、乗り換えが非常に楽なのがいいそうです!

本州方面から小豆島へお越しの皆様、日生~大部のフェリーもご利用下さい!

リンク先

サンワ

日生~大部 フェリー(瀬戸内観光汽船)